契約の審査・管理

会社の取引には契約書を締結することが賢明です。相手方から契約書を提示されることも多いでしょう。確認する場合や管理のポイントを説明します。

確認のポイント

会社等が実現したい考えている目的に適ったものになっているか

大きなリスクが隠れていないか 想定を超えるようなリスクは排除する

法令違反はないか など

契約管理

契約書を締結する際には適正な印紙を添付する必要があります。

また、締結後の契約書原本は原本管理部門を設定するなりして一元管理することがよいと考えます。

締結した契約をデータベース化して、契約の更新管理などを行うことも大切です。